湿度が高い季節、菌・ノミ・ダニで愛犬の皮膚トラブルを防ぐ方法

特に夏前後になると増えるのが、愛犬の皮膚トラブル。外の湿度が高くなることで、犬の被毛に付着したノミやダニ、細菌が繁殖しやすくなり、皮膚にかゆみや炎症などを引きおこしやすくなります。

また、雨の日の散歩後やシャンプーの後に、濡れた被毛をしっかり乾かさないでいることも、皮膚表面の湿気が多くなり、細菌が繁殖する原因になります。

これからの時期、愛犬の皮膚トラブルでつらい思いをさせることがないように、しっかりと対策をしていきましょう。

AVANCE(アヴァンス)

愛犬によく引きおこる皮膚疾患とは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノミ・ダニ感染症

ノミやダニにかまれると、強いかゆみが襲います。マダニは寄生してもかゆみは少ないものの、血液を吸うので、皮膚炎だけでなく、犬に貧血を引きおこすこともあります。

人にも影響があるので、駆虫薬で予防するようにしましょう。

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

糸状菌というカビが原因の皮膚疾患。免疫力の低いシニア犬や子犬が、高温多湿の環境下でかかりやすく、被毛が円状に抜けてしまったり、かゆみを我慢できずにかきむしったりしてしまう場合があります。

ホットスポット

「急性湿性皮膚炎(きゅうせいしっせいひふえん」「化膿性外傷皮膚炎(かのうせいがいしょうひふえん)」とも呼ばれ、かゆみのために激しく一か所をかきむしるため、半日程度でもひどいただれや部分脱毛などの症状が悪化する進行の早い疾患です。

外耳炎(がいじえん)

耳の中が炎症をおこしたり、かゆみを引きおこしたりします。イヤなニオイがしたり、頭をふったりする素振りをするのが特徴です。

たれ耳の犬種のほか、柴犬など皮膚が弱い犬種も注意して観察することが必要です。

マラセチア感染症

正常な皮膚にもいる常在菌ですが、高温多湿の環境だと異常に繁殖し、炎症を引きおこします。

耳の中や指の間、わきなど湿気のこもりやすい部位に発症しやすく、ひどい場合には口やお腹にも広がることがあります。

表在性膿皮症(ひょうざいせいのうひしょう)

犬の皮膚に常在菌のブドウ球菌などが異常に繁殖して、皮膚表面が炎症をおこしたり、膿疱(のうほう)ができたりします。この症状がでると、犬は頻繁にかゆがる素振りを見せはじめ、かさぶたになることもあります。

趾間皮膚炎(しかんひふえん)

乾ききっていない肉球の間の被毛が蒸れてしまい、細菌が繁殖した結果おこることがある皮膚炎です。

この症状がでると、愛犬はしきりに足先をなめて被毛が変色したり、足先を触られることを異常に嫌がったりするようになります。

皮膚トラブルを起こさせないための対策

蒸れないように、シャンプー後は被毛を完全に乾かす

通年通して言えることですが、特に梅雨時期や湿度の高いときのシャンプーは、地肌の汚れをしっかり落とすことと、あわせて念入りに乾かすことがとても大切。自信がない場合はプロに依頼するのも良いでしょう。

また、皮膚を清潔に保ち、細菌を繁殖させないために、毛穴の汚れを落としやすくするシャワーヘッドを使用するのもおすすめです。シャンプー後だけでなく、雨の日の散歩でぬれた足などもしっかり乾かしましょう。

我が家で使っているシャワーヘッド

マイクロナノバブルシャワーヘッド

レビューも良かったので買ってみました♪

ワンコのケアのためにと思って購入してシャンプーのときに使っていますが、確かに汚れが落ちやすくなった気がします。さらに、ドライヤーで乾燥した後の被毛の手触りが全体的に良くなりました。目視できないほどにヘッド自体が微振動しているのがナノバブルを生みだす仕組みのようです。

人間が使ってもシャワー後の肌が明らかにスベスベなるという優れもの。ワンコも私も、そして家族も全員満足の一石三鳥なシャワーヘッドでもう手放せません(^^)

 

被毛や耳が蒸れないように、室温と湿度を管理する

高温多湿だと被毛が蒸れやすく、犬の皮膚にも悪影響が出やすいもの。室温は26度前後、湿度は50~60%を超えないように必要に応じてエアコンや除湿器を活用して温度・湿度のコントロールをしましょう。

空気清浄機を併用すれば、空気中のホコリや花粉、舞ってしまった微細なダニの死骸やフンなども吸い取ってくれるので、愛犬の皮膚に付着する心配が少なくなります。部屋の掃除もこまめにおこないましょう。

通気性がよくなるように、まめにブラッシング

体に付着した抜け毛や汚れを日ごろから取りのぞいてあげ、通気性をよくし、被毛を清潔に保つためにもブラッシングを丁寧におこなってあげましょう。

ブラッシングが好きな犬の場合は、悪天候などで散歩に行けないときにもストレスを和らげ、心を落ち着けるマッサージとしても有効です。キライな犬の場合は、部位ごとに時間をあけてブラッシングしてもOKです。

紫外線が強くなる時期、長時間浴びすぎないように注意

特に5月~8月は紫外線が強くなる時期です。人と同様、紫外線の浴びすぎは犬の皮膚にも悪影響がでる原因になります。

太陽が高い位置にある昼下がりの時間は特に強いので、その時間の散歩を避けたり、日中にでかけるなら極力日かげを選んで歩くなどの工夫をします。また、窓際も紫外線を浴びやすいので、長時間いさせることのないよう注意して観察しておきましょう。

 

犬の皮膚トラブルは一度進行すると、症状が悪化してしまうことが多いです。

犬のどの部分が炎症をおこしやすいのかを把握しておいて、深刻な皮膚トラブルへと発展させないために必要な対策を日々心がけながら、湿度の高い時期は注意して乗り越えていくようにしてくださいね(^^)

AVANCE(アヴァンス)
AVANCE(アヴァンス)

〇〇ブログ管理人〇〇

すかポン(34)

愛犬コーギー(3歳♀)といっしょに家族4人で楽しく暮らしてます。犬のしつけトレーニングのために本も教材も買った量は数知れず。

ただの犬ノウハウコレクターですが、この知識が誰かの役に立てばと思いながら日々ブログ更新していきます。

ブログ村参加中です♪
ブログランキングにも参加中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です