愛犬の歯磨きは歯周病予防だけじゃない?健康長寿のカギだった!

愛犬の歯の健康、きちんと考えていますか?

愛犬が末永く健康で過ごすためには、歯の健康が欠かせません。歯周病を放っておくと、血管に侵入した歯周病菌が「重篤な全身疾患」を引きおこすことがわかっています。

歯周病の恐ろしさをきちんと理解して、愛犬の健康のためにただしい予防法を知っておきましょう!

犬の歯磨き、どうして大切?

実は3才以上の成犬の約8割が歯周病、もしくは歯周病予備軍であると言われています。さらに小型犬に関していえば、1才までの犬の約9割は歯周病を患っているのが現状。

歯周病をそのままにしておくと、歯ぐきが腫れて膿が出る、歯が抜け落ちてしまうほか、歯の根元の骨が溶けて皮膚に穴をあけてしまう顔面疾患まで進行する犬が後を絶ちません。そうなってしまう前に、必ず毎日歯磨きをするなどのデンタルケアで歯周病のリスクを下げることがぜったいに必要です。

また、歯周病と聞くと、歯だけの病気と思われがちですが、実は全身の病気とも大きく関係しています。心臓疾患を患っている犬の血液から歯周病菌と同様の菌が見つかった例や、肺炎を頻繁に繰り返していた犬が歯周病を治療したことで症状が治った例、そのほか糖尿病や貧血、肝臓疾患や肝臓疾患などとの関連も報告が上がっています。

これらからわかるように、歯周病に含まれる菌が全身に回った結果、さまざまな病気の引き金になっていることがあるのです。

歯周病の進行とともに起きることとは?

正常:真っ白な歯、歯ぐきもきれいなピンク色

健康な犬の歯は、年齢に関係なく白くて黄ばみのないきれいな状態です。ニオイがすることもありません。

軽度:歯肉炎といわれる歯周病初期の段階

歯石が歯ぐきあたりに付着して歯肉炎を引きおこしている状態です。上下の歯ぐきが腫れていて、さらに出血していたら要注意。

中度:歯石が増え、歯ぐきの腫れもひどく歯周炎に進行

歯全体を覆うほど歯石や歯垢が増え、歯ぐきが赤く腫れた状態になります。このころになると口臭がするようになり、歯周炎へと症状が進行しています。

重度:歯が歯石で完全に覆われ、歯根が溶けてしまった歯も

歯に一度歯石がついてしまうと、とたんに歯垢が付着しやすくなってしまいます。それでも放置され続けた結果、歯全体が歯石でびっしり覆われた状態になっています。

その状態をさらに放置すると歯根周辺の骨が溶けはじめ、あごの骨の骨折をまねくほか、目の下に穴が開いてしまったり口腔内や鼻腔に穴が開くなど顔面に疾患が表れはじめ、犬にとっても大変苦しい状態となります。

歯周病が引き起こすことで知られる全身疾患

●歯周病菌が血液に侵入することで、僧帽弁閉鎖不全症、動脈硬化、心不全を誘発する可能性

●歯周病菌が血糖コントロール不全をもたらし、糖尿病を進行させる

●歯周病菌が肺に感染することで、誤嚥性肺炎を引きおこす可能性

●そのほか、慢性貧血や腎臓疾患などを誘発することも

犬の年齢別に気をつけたい歯の状態

子犬期:1才以下

▼子犬のうちから少しずつ歯磨きに慣れさせる

生後2か月後あたりまでは乳歯がはえている状態で、大型犬は5か月前後、そのほかはおおむね7か月前後で永久歯にはえ替わります。口の中を触られることに慣れさせながら、子犬のうちからデンタルケアで歯の健康を意識しましょう。

成犬前期:1~6才

▼ケアをしないと、中~重度歯周病になってることが多い

飼い主が歯磨きをしてこなかった犬は歯周病が進行している可能性が高いです。歯石が多かったり、歯ぐきの腫れがみられる場合は一度動物病院で診察してもらうのを強くおすすめします。不意にかたいものを食べたときに歯が欠けてしまった場合にも、歯周病が進行している可能性があるので注意が必要です。

成犬後期:7~10才

▼年を重ねたら口臭や歯が黄ばむのは当たり前、ではありません!

犬の歯は黄ばんでいて当たり前、口臭があるのもふつう、とつい考えてしまう飼い主は多いのですが、健康な犬の歯は年齢問わず真っ白ですし、口臭が気になるということもありません。愛犬の歯の異変を見過ごしていることもありますので、出血や膿など目立った症状がなかったとしても日々歯周病がないか点検が欠かせません。

シニア期:10才~

▼今までよりも念入りに家庭でのケアを!動物病院で適切な診断も合わせて

犬も高齢になると、免疫機能の衰えから、たまった歯垢に含まれる細菌を原因とした歯周病を患いやすくなっていきます。歯石が多い、歯ぐきから出血しているなど、すでに歯周病の所見がみられる場合は、必ず動物病院で適切な治療をしてもらいましょう。今は口内が正常であっても、家庭でのデンタルケアは若いころよりもまめに行って。

できれば毎日!歯磨きのやり方の基本

愛犬の歯周病予防に欠かせないのが毎日の歯磨き。

愛犬だけでなく、飼い主もリラックスした状態であせらず少しずつ慣れていくことが大切です。かかりつけの動物病院の先生に教えてもらった歯磨きのやり方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

歯ブラシの慣れさせ方

いきなり歯ブラシでゴシゴシ磨くのはNG。
まずは犬用の歯磨き用ジェルなどを歯ブラシにのせて、それを犬になめさせましょう。愛犬がイヤがらずに歯ブラシをなめたら次は歯磨きに挑戦!

歯ブラシを歯に当てさせてくれたら、すかさずほめる!

歯みがき用のジェルやペーストをつけた歯ブラシを犬になめさせ、歯に当ててもイヤがらずに落ちついていられたら「いい子ね!」とほめてあげましょう。ほめてあげることで、歯にブラシを当てられるのを我慢することはいいことだと犬が学習するようになります。

まずは磨きやすい歯から磨く

最初に比較的磨きやすく、かつ汚れやすい犬歯から磨きます。犬歯にブラシを当てて、数回左右に動かす程度でOK。残りの犬歯3本も同じ手順で行いましょう。

つぎに上の奥歯をすばやく磨く

唇の横から歯ブラシを入れて、上のいちばん大きな歯を磨きます。歯と歯ぐきの境目を特に磨くのがポイントです。

さいごに下の奥歯をすばやく磨く

下のいちばん大きな歯を磨きます。ほっぺのお肉を人差し指で少し持ち上げるようにしてやると磨きやすいですよ(^^)

 

以上が愛犬の歯を守るための基礎知識でした。歯磨きを嫌がるワンコはとても多いですが、子犬のうちからきちんと歯磨きのしつけトレーニングを行っておけば、進んで歯磨きをさせてくれるおりこう犬に育てられます。

一方で、今まで歯磨きを怠ってきたとしても、今からでもきちんと愛犬の歯の状態を点検し、家庭で歯磨きをするためのトレーニングをしていきましょう。どうしてもうまく歯磨きさせてくれなかったり、すでに歯周病の症状がみられる場合は、一度動物病院で治療・歯磨きのアドバイスをもらうようにしてください。

歯周病は知れば知るほど、本当に恐ろしい病気です。愛犬と末永く健康で楽しい毎日を送るためにも、必ずデンタルチェックを習慣化しておくようにしてくださいね!


〇〇ブログ管理人〇〇

すかポン(34)

愛犬コーギー(3歳♀)といっしょに家族4人で楽しく暮らしてます。犬のしつけトレーニングのために本も教材も買った量は数知れず。

ただの犬ノウハウコレクターですが、この知識が誰かの役に立てばと思いながら日々ブログ更新していきます。

ブログ村参加中です♪
ブログランキングにも参加中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です