犬の死因トップ3!知っておきたい犬の癌の基礎知識

近年では獣医学の進歩もあって、昔に比べると愛犬の寿命はかなり延びてきていると思います。

しかし、それでも高齢になるほど病気のリスクは上昇するため、「癌」を発症する犬は増加傾向にあります。人間と同じく、今では犬も死因の第一位が癌となっています。

癌と聞くと昔から不治の病というイメージがありますが、飼い主が正しく知識を持っていれば、愛犬の癌の進行をおさえることにも役立つはず。今回は愛犬の癌について学び、基礎知識を身につけることで万が一に備えておきましょう。

犬のがん 掲載バナー

知っておきたい!犬の癌の基礎知識

犬の癌はなぜ起こるの?

犬も人も同じように多くの細胞から体がつくられています。体内の細胞は何らかの要因で傷ついてしまうと、突然変異を起こして正常な働きを失い、過剰に増殖をくり返すことが確認されています。これが癌細胞と言われるものです。

癌細胞は健康な犬の体内でも実は毎日発生しています。しかし、免疫によってそれらの細胞は死んでいますので、癌を発症することがないというわけです。

ですが、年齢をかさねてくると癌細胞が増える一方で、免疫能力に衰えが生じることで、生き残ってしまった癌細胞がかたまりとして集まってしまい、その結果癌になるというのが発症までのメカニズムです。

癌になってしまったら、もう助からない?

部位や種類にもよりますが、初期であれば癌細胞を取り除いてあげることで根治できる場合もあります。そのためには早期発見が大切ですので、日ごろから愛犬の様子をチェックしておくと、ささいな異変にも気づきやすくなります。

犬の癌は人のそれと同様に、癌になるまでにはさまざまな要因がからみあうので、癌の根本的な原因が何かを特定することは不可能とされています。少なくとも、免疫力の低下が癌を引きおこすことはわかっていますので、免疫力を後退させてしまうような強いストレスを犬に与えるのはぜったいNGです。

犬と人との癌の違いはあるの?

犬の場合、妊娠や去勢手術で一部の癌リスクを低下できるなど、治療については少し異なるようですが、上記で解説したとおり癌になるメカニズムは同じです。

ただし、犬は痛みや違和感といった初期の感覚を言葉で説明することができません。そのため、多くの飼い主には愛犬の癌の症状を見過ごしてしまいやすいという特徴があります。

愛犬が癌と診断されたらどうすればいいの?

愛犬が癌と診断されると、中にはパニックにおちいってしまう飼い主もいますが、まずは落ちついて検査などで愛犬の病状や進行度合いを正確に把握することが大切。

飼い主の不安そうな表情や言葉は、頭の良い犬ですから伝わってしまうものです。つらいという気持ちは愛犬の前ではこらえて、今愛する愛犬にしてあげられることは何か、家族や獣医師と相談しながら冷静に考えていきましょう。

犬に多く見られる癌の種類

体表部の癌

皮膚にできることが多い癌で、一見すると早期発見がかんたんそうに聞こえますが、たんなるデキモノと見間違えてしまい発見が遅くなるケースが増えています。四肢(両手、両脚)など、部位によっては切除が難しいという場合もあります。

悪性の口腔内腫瘍

犬の口内は腫瘍ができやすいです。同時に発見が遅くなりやすい部位でもありますので、歯磨きをするときなどこまめにチェックするようにしましょう。進行するとあごの骨まで切除しなければいけない場合もあります。

悪性の乳腺腫瘍

発生する頻度が多い腫瘍のひとつ。犬は人と比べると乳腺組織が広い範囲にあるので、複数個所で発生することもあります。

肥満細胞腫

肥満細胞という細胞が腫瘍化したもの。どこにでもできる可能性がありますが、早期に発見できれば根治できるものもあります。

造血器腫瘍

血液、骨髄、リンパ節がむしばまれる造血器腫瘍です。血流にのって全身に広がるため、一度かかると根治が難しい癌です。

そのほか、呼吸器・泌尿器・生殖器の癌など

そのほかにも鼻や肺などの呼吸器系、胃や腸などの泌尿器系、卵巣や精巣などの生殖器も癌になる可能性があります。

愛犬に癌リスクがないかのチェック方法

ここまで記事を読んでくれた方なら、あなたの愛犬が今癌になるリスクがどれくらいあるのか知りたいと思いませんか?

愛犬の状態や生活環境などから、簡単にチェックできるポイントをまとめました。早期発見にも役立ちますので、ぜひ一度振り返っていただいて、可能な限りチェックするようにしてくださいね!

▼愛犬に当てはまるものがないかチェックしましょう

□もとから毛の色が白い
□避妊・去勢手術をしてない
□喫煙している家族がいる
□年齢が7才以上だ
□この頃体重が減った
□スキンシップが少ない
□太り気味だ
□フケが多く体をよくかいてる
□舌や歯ぐきが白っぽい
□毛並みにツヤがない
□呼吸が荒くなった
□セキこむことが多くなった
□くしゃみや鼻水が多い
□目ヤニが多く、涙やけしている
□お腹が腫れている
□体臭が強くなった
□口臭が強くなった
□吐き気や吐いてしまうことが多い
□下痢が多い
□オシッコが出にくい
□ウンチの形が細くなった
□おやつやごはんの好き嫌いが激しくなった
□散歩に出たがらない
□散歩中に疲れやすい、座り込んでしまう
□おもちゃで遊ばなくなった

➡この中で何個以上当てはまったらNGということはありませんが、愛犬の健康管理において重要なチェックポイントをご紹介しています。もし複数が当てはまる場合や、何か一つでも顕著な強い傾向があるものがあれば、愛犬のためにもすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

 

癌は人間に限らずどんな動物にでも起こりうる病気です。

いざ愛犬が癌!?というときにあわてないためにも、今から正しい知識を身につけておけば、最後まで愛犬のことを考えた行動ができるはずです。まずはふだんから愛犬とよくスキンシップをとって、たくさんさわったり遊んだりしてあげてください。自然に愛犬の異変に気づける環境をつくっておくことも、癌の早期発見にはたいへん役にたちます。

犬のがん 掲載バナー
犬のがん 掲載バナー

〇〇ブログ管理人〇〇

すかポン(34)

愛犬コーギー(3歳♀)といっしょに家族4人で楽しく暮らしてます。犬のしつけトレーニングのために本も教材も買った量は数知れず。

ただの犬ノウハウコレクターですが、この知識が誰かの役に立てばと思いながら日々ブログ更新していきます。

ブログ村参加中です♪
ブログランキングにも参加中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です