愛犬をドッグランに連れていくときのマナー

家の中とは違って、広いドッグランでのびのびと駆けまわる愛犬の姿は、見ているだけでも楽しいものです。

ですが、ドッグランでは犬同士のトラブルや事故が起こりやすいのも事実。そこで、トラブルや事故を未然に防ぎ、楽しくドッグランを利用するためのマナーを覚えておきましょう!

こいぬすてっぷ

ドッグランに行く前に、愛犬の性格とトレーニングの度合いを見極めて

ドッグランに行った以上、「ノーリードでほかの犬と楽しく遊ばせたい」というのはほとんどの飼い主さんの思いですよね。

ですが、小さなころからたくさんの犬と遊びなれていない場合や、呼び戻すためのトレーニングがしっかりとできていない場合は、ドッグランに行ったとしても、犬も飼い主も楽しく過ごせません。

とくによその犬がニガテな子の場合は、かえってドッグランに入ることがストレスになったり、ほかの犬や飼い主に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

ドッグランでリードを外すのは様子を見てから

つまり、ノーリードでほかの犬と遊ぶことが犬にとっての喜びとは限らないということです。愛犬にとっては、大好きな飼い主といっしょにお出かけをして遊べるだけでも十分楽しめるはず。

ですので「ドッグラン=ノーリード」というイメージのままに、入場後すぐにリードを外してしまうのは考えもの。愛犬と周囲の状況をよく観察して、安全・快適に愛犬が遊べる環境だと判断できたらようやくリードを外して遊ばせても遅くはありません。

入場時と退場時のマナー

ドッグランでは、ほかのほとんどの犬がリードをつけずに遊んでいます。そのため、入場時と退場時には十分な注意が必要。不用意にゲートを開けたり閉めたりをすると、中で遊んでいる犬が逃げ出してしまい大変なトラブルを引き起こす可能性があります。

また、中に入場してからも周囲の状況はよく確認しましょう。興奮している犬の近くは避けるなど、犬同士のトラブルを防ぐための配慮が必要です。

1:利用規約をきちんと確認

利用規約の中には、ワクチン接種していることやヒート中ではないことなど、入場条件として必ず守ってほしい遵守事項が記載されています。ほかにも各ドッグラン施設ごとに決められた利用規約やルールがありますので、それらを確認したうえで入場します。

2:マテをさせてから入場する

入場ゲート付近は特に事故が起こりやすい場所ですので、ほかの犬が出入りしているときは、それが終わるのを待ってから入るようにしましょう。入場前には必ずマテをさせることを義務づけて。

3:場内の様子をチェックする

ドッグランの中に入ったら、まずはその場で全体をよく見渡しましょう。興奮している犬の近くは避け、まずは混雑していないところへ連れていきます。最初は愛犬を興奮させたり、不安にさせないような場所がおすすめです。

ポイント!

ほかの犬にほえている子や、興奮してほかの犬に噛みついたり、追いかけまわしているような子を見つけたら、できるだけ離れた場所へ行きましょう。まずは飼い主が冷静に場所決めをすることが大切です。

場内で遊ぶときのマナー

入場直後にすぐリードを外して遊ばせる人が多いように見受けられますが、これはドッグランの中でのトラブルのもとです。たくさんの犬がノーリードで走りまわっている環境では、愛犬もつられて興奮状態になりやすいもの。

犬同士のトラブルを避けるためにも、しばらくはリードを外さないで様子を見ましょう。愛犬も落ち着いているようであれば、そこでようやくリードを外す、という流れを守ってください。

また、リードを外した後も愛犬の行動やしぐさから目を離さないで。ほかの犬と緊張状態になっていないか、ストレスを感じるしぐさをしてはいないかなど、つねに愛犬の様子を見守りましょう。

1:リードを外すのは愛犬を落ちつかせてから

入場してまもなくはリードをつけたままにして、ドッグランの雰囲気に慣れさせましょう。ニオイかぎなどをさせたりして落ちつかせてからリードを外します。

2:愛犬の行動・しぐさをよく観察する

リードを外した直後は興奮しやすい時間が続きます。ほかの犬とトラブルにならないよう、愛犬から目線をはずさないで。

3:犬同士の接触時はとくに注意!

犬同士のあいさつ中は、飼い主は手も声も出さずに見守ることが基本。ただし、ここで緊張状態になってしまったら、すかさずすぐに呼び戻しなどの対応をして落ちつかせることが先決です。

ポイント!

このときに口元をペロペロとなめるしぐさ(カーミングシグナル)が見られたら、愛犬がストレスを感じている可能性があります。とくに注意して見守りましょう!

4:たまに呼び戻してクールダウンさせる

興奮したまま放っておくと、犬同士のトラブルや思わぬ事故につながる恐れがあります。テンションがかなり上がってるな、と感じたときは一度呼び戻してクールダウンさせましょう。

ポイント!

いつでも愛犬を呼び戻せるように「オイデ」のしつけトレーニングができていることが前提です。どんな状況でも呼び戻しができるように、あらかじめいろいろな場所でオイデのトレーニングをしておきましょう。

5:興奮しすぎたらいったん退場する

飼い主のそばにいても興奮状態が冷めないようなら、いったん退場するのがマナーです。「せっかくきたのにもったいないな」という気持ちよりも、ほかの人や犬に迷惑をかけないことを第一に考えましょう。

合わせて、愛犬のストレスサイン(カーミングシグナル)を見逃さないなど、ドッグランでは飼い主にたくさんのマナーが求められます。多頭飼いしている飼い主でしたら、一頭につき一人が管理するのが理想ですので、犬の数と同じ人数で出かけるようにしましょう。

また、小さな子どもはたくさんのほかの犬もいる中で、犬との正しい接し方がわからないため、事故を防ぐためにも連れていかない方がいいです。たまに、大きな犬に囲まれて泣いてしまうお子さんも見られますので、犬との接し方に問題のない年齢になった時点で一緒に連れていってあげましょう。

ドッグランの施設内ではさまざまな性格の犬がいたり、体格もまったく異なる犬もたくさんいます。さらに、各施設ごとに利用規約もあります。規約を守るのはもちろんのこと、犬同士のトラブルや事故を未然に防ぎ、楽しくドッグランを利用するために飼い主の方は正しいマナーを確認しておきましょう!

こいぬすてっぷ
こいぬすてっぷ

〇〇ブログ管理人〇〇

すかポン(34)

愛犬コーギー(3歳♀)といっしょに家族4人で楽しく暮らしてます。犬のしつけトレーニングのために本も教材も買った量は数知れず。

ただの犬ノウハウコレクターですが、この知識が誰かの役に立てばと思いながら日々ブログ更新していきます。

ブログ村参加中です♪
ブログランキングにも参加中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です