散歩中に引っ張る愛犬の癖を直す方法

飼い主と愛犬が横並びでそろって歩く姿は、はたから見ていても優雅でスマートな印象を与えます。

一方で、愛犬に引っ張られて歩いている飼い主の姿はスマートとは言えませんし、きちんとしたしつけができていない証拠。また、犬が引っ張ることで危険な接触事故などにもつながりかねません。

そこで今回は、散歩中にもできるしつけトレーニングで、つねに飼い主のそばを歩けるおりこう犬に成長させるポイントを解説します。

引っ張って歩くことがお散歩だと思っている可能性が高い

飼い主の中には、「お散歩のときくらい、犬の好きに歩かせてあげたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

けれど、愛犬に引っ張られながら好きなように歩かせていると、愛犬が危険な目にさらされる可能性があります。曲がり角にさしかかったときや道路の横断など、飼い主より先に飛びだそうとしてしまう場合があるからです。

また、リードを引っ張りながら歩いていると、犬の体への負担もあります。リードを引っ張るため必要以上に足に力を入れて歩く必要があるので、足腰の関節に悪影響を及ぼすことも。

引っ張って歩く犬の特徴は、その方が楽しいからというわけではなく、引っ張って歩くことをお散歩と思っているということです。これは、最初に引っ張らずに飼い主のそばを歩くことを教わっていないために起こります。

愛犬を危険から守り、足腰に余計な負担をかけないよう、引っ張らずに歩くことを教えてあげましょう。

「引っ張る=前に進めない」と教えてあげよう

もともと犬社会には、リードをつけて歩くという習慣はありません。そのため、「引っ張らずに歩くのが正しんだよ」と理解させることが重要です。

毎日のお散歩の中で、愛犬が前に出て引っ張ろうとしたら、すぐに足を止めて歩くのを中断しましょう。このとき、リードをしっかり手で固定し、前に進めないようにしてしまうのです。あきらめて引っ張るのをやめたら、「いい子ね!」と声をかけて再び歩かせてあげます。

これをくり返すうちに、「引っ張ると歩かせてもらえないんだ」と引っ張ってもいいことがないと理解するようになります。最初は何度も立ち止まることになりますが、毎日続けていれば、引っ張りグセは簡単に直ります。

また、愛犬が飼い主を引っ張るときは、前方に何か気になるものがある場合が多いもの。気になるものを見つけて勝手に前に進もうとしないよう、常に飼い主に注意を向けて歩かせることも大切です。

ときどき立ち止まるなどして、愛犬とのアイコンタクトやオスワリ、フセなどのコマンドをさせると犬は自分の興味のあるものよりも飼い主を見ながら歩くようになります。

Point!

愛犬が引っ張るのをやめても、ごほうびにおやつをあげる必要はありません!

この場合は、お散歩が再開されることが犬にとってはごほうびとなります。

引っ張られても引っ張り返してはダメ!リードを固定する

引っ張ることがいけないことを教えるためには、引っ張られたら歩かせないのがいちばん効果的です。

散歩中に前にでて引っ張ろうとしたらすぐに足を止め、ひっぱるのをやめてリードがゆるんだら再び歩き出すのを繰り返します。

ポイントは、引っ張られても引っ張り返さないこと。引っ張り返してコントロールしようとすると、犬は「もっと引っ張らないと前に行けないんだ」と感じて、ますます力を入れて引っ張ろうとするようになります。こうなると体への負担もさらに増える上に、引っ張りグセの悪化につながります。

リードを握る手を固く固定し、リードをピタッと止めたまま動きを止めるのが正しいやり方です。

お散歩中も飼い主に注目できる子に

いつも引っ張って歩いてしまう子は、前方にばかり注意が向いていて、飼い主のことはおかまいなし。

そこで、お散歩中にも飼い主に注目させるしつけトレーニングが役立ちます。歩きながら犬との目線を合わせアイコンタクトを取ったり、ときどき立ち止まるなどしてオスワリやフセをさせます。

おやつを手に持ち、犬の鼻先でぐるりと一回転させると、それにつられて犬もいっしょにスピンするという遊びも面白いですよ。そのほかにも仰向けにゴローンとさせたりジャンプさせたりなど、外でなら思いっきりできるような楽しく自信をもってできるコマンドがあれば、飼い主とのコミュニケーションとしてお散歩を楽しめる子にもなります。

そうした遊びの場合には、最初のうちはうまくできたら必ずおやつをあげるようにすると、外での遊びを覚えるのも早いと思います。歩きながらアイコンタクトを取る場合には、最初はおやつを手にもって目線を引くのが効果的。繰り返しておこなううちに、おやつを使わなくても飼い主の顔をチラチラ気にしながら歩けるようになります。

 

このように、愛犬と自然に隣を並んで歩けるようになるしつけトレーニングは、ほえグセなどに比べればさほど難易度は高くありません。引っ張るクセを直すだけで、事故のリスクを下げ、愛犬の体の負担は減り、見た目もスマートになります。毎日のお散歩中にできるかんたんなトレーニングで、いつも飼い主の横を歩ける子にしつけていくようにしましょう!


〇〇ブログ管理人〇〇

すかポン(34)

愛犬コーギー(3歳♀)といっしょに家族4人で楽しく暮らしてます。犬のしつけトレーニングのために本も教材も買った量は数知れず。

ただの犬ノウハウコレクターですが、この知識が誰かの役に立てばと思いながら日々ブログ更新していきます。

ブログ村参加中です♪
ブログランキングにも参加中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です