子犬のトイレの失敗をなくすとっておきの方法

愛犬のしつけの中で最も苦労する人が多いのが「トイレのしつけ」。トイレのしつけトレーニングはなるべく子犬のころから始め、家にきたその日からスタートするのが大切です。

愛犬がトイレを失敗する原因は、トレーニング不足や環境の不適切さなど、飼い主の問題であることが実は多いんです。かわいい愛犬をしかったりせずに済むよう、トイレの失敗をしにくい環境を整えて、タイミングよくトイレトレーニングをしていきましょう!

そこで今回は、犬がトイレをすんなり覚えてくれるとっておきのしつけ方法についてご紹介します。

こいぬすてっぷ

トイレの失敗が直るかは飼い主しだい

子犬が家にやってきたときから、すぐにトイレのしつけトレーニングをはじめましょう。子犬のうちは、特に頻繁にウンチやオシッコをします。生まれて3か月後あたりまでは、子犬は自分で排泄のコントロールをすることができません。

そんな子犬に「ここでトイレしちゃだめでしょ!」「トイレを覚えなさい!」としかりつけても、実は効果がありません。飼い主がしっかりとトイレ管理することで、子犬が上手にトイレを覚えられるように習慣づけることが大切です。

トイレの失敗は、飼い主のうっかりミスが原因なことも

こんな方はいませんか?

・模様替えのたびにトイレの場所を変える

・留守番中も寝るときもフリーにさせてる

・なんとなくトイレできてるので、きちんとは教えてない

もし、このうち1つでも当てはまるものがあれば、すぐに改善が必要です。

ここで挙げた例は、愛犬がトイレの失敗を起こしてしまう大きな原因になります。つまり、模様替えで愛犬を混乱させたり、いつでも家の中を自由行動できる状態にするなど、飼い主のうっかりミスや管理不足によって愛犬がトイレを失敗することもあるのです。

愛犬が常に正しい場所でトイレができるように、もう一度トイレの環境やしつけトレーニングを始めましょう。

飼い主の注意力があれば、トイレの失敗は必ず直せる

子犬のころからのトイレトレーニングでは、ささいな原因で失敗を招く人が多いです。まずはトイレの大きさは愛犬のサイズに対して適切なのか、つねに清潔に保たれているかなども含め、トイレの環境を見直しましょう。

環境の問題を直したら、あとは犬に正しいトイレの場所を教えるだけ。まずは1日の中でどの時間帯にトイレをしたくなるのか、食後何分後くらいにトイレをしたがるのかなどを注意してよく観察しておきましょう。排泄しそうなサインがあったら、すぐに正しい場所へ誘導します。

これをくり返していけば、トイレの失敗は必ずなくせますよ(^^)

愛犬をいつもフリーにするのは失敗のもと!

部屋の模様替えなどで頻繁にトイレの場所を変えていると、犬は正しいトイレの場所を覚えることができません。やむを得ずトイレの場所を変えるときは、その都度正しい場所を教えてあげる必要があります。

また、一日中つねにフリーで過ごさせていると、トイレの正しい場所がわからないときに、なんとなく好きな場所でしてしまう場合も。正しいトイレの場所を完璧に覚えるまでは、ある程度行動範囲を制限しておくことも必要です。

ハウスとトイレは別の場所にしよう

犬はもともと、とてもきれい好きな動物です。なので、自分の寝床となるハウスの中ではウンチやオシッコをしたがらないという習性があります。この習性をうまく利用して、トイレのしつけトレーニングをすることがポイントです。

いつもはハウスの中に入れておき、ハウスから出したときにトイレに連れていくようにすれば、自然と排泄のコントロールをすることを学んでいきます。逆に、ハウスとトイレをサークルの中で一緒にしたり、家の中でフリーにしていると、犬はしたいときにしたい場所で排泄するようになってしまいます。

子犬の様子が常に視界に入る場所に、ハウスとトイレを少し離しておくようにしましょう。

留守番中はハウスか、サークルの中が基本

留守番させる場合は、犬の行動を制限するためにハウスかサークルの中で待たせておきます。サークルにはトイレシートを敷いて、中でトイレができる環境に。

一方、ハウスの場合は、ハウスの中にトイレシートを敷いてはいけません。ハウスは犬の寝床になる場所なので、きれい好きの犬は中を汚すことを嫌うからです。長時間の留守番の場合はサークル、短時間ならハウスと使い分けるようにしましょう。

また、サークル内で留守番中に間違った場所で排泄してしまった場合にも、ぜったいにしかりつけてはいけませんよ。

留守番中のトイレの失敗を防ぐ環境をつくろう

留守番中はサークル内で

長時間の留守番向きですが、サークル内にハウスやトイレ、水などを置いておき、飼い主の留守中は中で留守番をさせます。このとき、もしもトイレ以外の場所で排泄してしまったとしても、しかりつけたりせずに諦めて黙って片付けることが大事です。

ポイント!

トレイシート以外の場所で排泄してしまった場合、ニオイをそのままにしておくと次も同じ場所でしてしまう可能性があります。この場合は消臭スプレーでニオイを完全に消しておくことが重要です。

食事は留守番前に!トイレを済ませておく

できるだけ留守番中にトイレにいかずに済むよう、朝は早めに食事させ、出かける前にトイレに連れていくようにします。

ハウスの中での留守番

ハウストレーニングができている子なら、短時間の留守番の場合はハウスの中で待機させましょう。帰宅したらすぐに扉を開放して、トイレに誘導してあげます。

ポイント!

短時間の留守番ならハウスでもOK!
犬は巣穴をきれいに保つ習性があるので、ハウスの中では自然とトイレを我慢します。

トイレの失敗をなくす!子犬に教える最初のトレーニング

子犬に正しい場所でのトイレを覚えさせるのは簡単です。まずはトイレの位置を決めて、トイレシートを敷き、サークルで囲います。最初は4面とも囲んでしまってOKです。あとは排泄したそうなサインが見られたら連れていきましょう。

排泄後はおやつをあげてほめてあげることで、次回からの成功率がグンと上がります。サークルから出たときにいっしょに遊んであげるのも効果的でおすすめ。犬に「ここでトイレをしたあとにいいことがあった!」と学習させることができます。

1:排泄のサインが見られたら、トイレサークルに誘導

床のニオイをクンクンかぎまわるなど、排泄のサインが見られたら、タイミングよく子犬をサークルの中へ入れます。

ポイント!

犬がトイレに行きたくなるのは、

・水を飲んだあと
・食事後
・遊んだあと
・寝起きの時間など

これらのタイミングでは、犬の様子を特に注意深く観察しておきましょう。

2:トイレシートのニオイをかぎ始める

サークル内に敷いたトイレシートのニオイもかぎ始めますので、排泄ができるまでそのまま入れておきます。

3:トイレシートの上で無事に排泄!

排泄中にはあまり犬の方を見過ぎないこと(笑)注目しすぎると犬は落ちつかなくなって排泄しにくくなります。目線を外しながらさりげなく排泄し終わるのを待ちましょう。

ポイント!

排泄のたびに「トイレ」という言葉をかけておくと、排泄をうながすコマンドとして覚えるようになります。外出時などにも使えますので、「トイレ=排泄」と覚えさせておきましょう!

4:おやつをあげて犬をほめる

排泄が終わったタイミングで、子犬をサークルから出し、すぐにおやつをあげてほめましょう。サークル内の排泄物を片付けて、その後いっしょに遊んであげると、「シートの上でトイレをするといいことがある」、と犬が理解するようになります。

これを毎日繰り返すうちに、トイレシートを敷いたサークル内に入れると自然に排泄ができるようになっていきます。

もしもトイレシートをかじってしまう場合には

シートをかじったり、いたずらをしてしまう子の場合は、まずは子犬をすぐに外へ出しましょう。タイミングを見て、またトイレへ戻せばOKです。

こいぬすてっぷ

ひとりでもトイレに行けるように

サークル内に誘導されて排泄ができるようになったら、4面とも囲っていたサークルの1面を開放し(入口をつくる)、今度は自分からトイレに行って排泄できるように練習しましょう。

子犬が排泄したそうなサインを見せたら、すかさず「トイレ」と声をかけ、少し犬から離れた位置からトイレを指さします。このとき、直接誘導しないことで、どこが正しいトイレの場所なのかを自分で考えさせることが大切。もちろん、正しく排泄ができたときにほめてあげるのは忘れないように。

慣れてきたら、トイレシートの周りをかこっていたサークルは撤去し、トイレシートだけでもできるようにトレーニングを続けていきましょう。

1:離れた場所から声掛け&指さしでトイレへ誘導

排泄しそうなサインが見られたら、少し離れた場所から「トイレ」と声をかけて子犬を誘導します。

2:子犬が自力でトイレに行って排泄

子犬が正しいトイレの場所にいき、きちんとシートの上で排泄する。このとき、自分でトイレに行けないときは、トレーニングが不十分ですので、無理せず飼い主が近くまで連れていってあげてください。

3:「いい子ね!」と声をかけてほめてあげる

排泄後すぐにおやつをあげてほめてあげることが大切。これをくり返していくうちに、「シートの上で排泄することがいいこと」と自然に覚えてくれるようになります。

完全にトイレを覚えたら、サークルをなくして、トイレ用のトレーにシートを敷いたものを使ってもOKです。

まとめ

子犬がオシッコやウンチをしたくなったときは、必ずトイレのサインが見られます。その瞬間を見逃さないように、タイミングよく排泄させることがトイレの失敗をなくすポイント。

朝の寝起きや食事のあと、たくさん遊んだあとは排泄したくなる子が多いので、愛犬が床をクンクンかいで落ちつかなくなったらすかさずトイレの練習を始めましょう。トイレの失敗は必ずなくなりますから、家族がいればみんなで協力して愛犬の様子を観察し、あせらず根気よく続けていくのがコツです(^^)

こいぬすてっぷ
こいぬすてっぷ

〇〇ブログ管理人〇〇

すかポン(34)

愛犬コーギー(3歳♀)といっしょに家族4人で楽しく暮らしてます。犬のしつけトレーニングのために本も教材も買った量は数知れず。

ただの犬ノウハウコレクターですが、この知識が誰かの役に立てばと思いながら日々ブログ更新していきます。

ブログ村参加中です♪
ブログランキングにも参加中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です