愛犬のもしものために!今から備える愛犬の保険

人には健康保険制度があり、病気やケガで病院を受診したときの補償を受けることができますよね。

しかし、犬などの動物にはそのような制度がありませんので、動物病院を受診したときには全額自己負担になります。特に手術などを受けた場合は医療費が高額になってしまうことも。

そこで現在では、愛犬を飼う人が増えるにつれて「ペット保険」が注目されています。ペット保険に加入しておくことで、人の健康保険制度のような補償が受けられますので、もしも愛犬が病気にかかり動物病院を受診しなければいけなくなっても安心です。

今回は愛犬にそうした万が一があったときに備えて、ペット保険選びではどんなことに注意したら良いのかポイントをご紹介したいと思います。

ペット保険 資料請求

ペット保険に加入しておけば、いざというとき強い味方に

ペット保険にきちんと加入しておくと、いざ愛犬に病気やケガがあったとき私たちの健康保険制度のような補償を受けることができます。ペット保険会社のプランによって補償適応される割合は若干異なりますが、受診金額のおおむね50%~70%の補償が受けられるプランが多いですね。

動物病院でかかる治療費の自己負担額が大幅に減りますから、私たち飼い主が愛犬の体調の変化に気づいたときに、ためらうことなく動物病院を受診しやすくなると思います。その分、愛犬の精神的・肉体的な苦痛をやわらげるのも早くなります。

病気の早期発見や早期治療も負担が少なくて済みますので、愛犬が元気で長く家族の一員でいられることにもつながります。

また、近年では動物医療の高度化が進んできています。しかし、その反面、精密検査や手術を受ける場合、医療費がおそろしく高額になるケースも目立っています。一概には言えませんが、手術を受けようとしたら、骨折の場合は20万円以上、加齢が原因で起こりやすい椎間板ヘルニアなら35万円以上、癌などを発症し治療したケースだと場合によっては200万円以上の高額になることも。

しかし、ペット保険に加入していれば、プランによって一定の補償を受けられますので、愛犬の苦しみを助けられる可能性が高くなります。

ペット保険はそれぞれの保険会社からたくさんのプランが登場していますので、ご自身の家庭に合った保険をよく検討することが大切。次にペット保険を選ぶときに知っておきたいことや注意してほしいことをまとめておきます。

難しいペット保険選び…どんなことに注意すればいいの?

保険会社と短期少額保険業者の2つがある

ペット保険には「保険会社」と「短期少額保険業者」があります。

保険会社は金融庁の免許と会社資本金が10億円以上が必要で、損害保険契約者保護機構の補償対象になっているので、万が一経営破綻をした場合でも補償があるのが特徴。一方、短期少額保険業者は財務局への登録制で、資本金は1000万円以上が必要となっています。

どちらも金融庁や財務局が監督管理していますので安心感はあると思います。

保険選びは「保険料」と「補償内容」の比較が大切

ペット保険は犬種やサイズ、補償割合などによって、月々に支払う保険料が異なります。また一年間の入院、通院、手術に関する費用や受けられる回数が限定されていることも知っておかなければいけません。

月々の負担額が高額だったとしてもその分手厚い補償が受けられるプランや、まずは気軽に加入できる安価でリーズナブルな保険、ご自身で選択して特約を付けられる保険など、各社それぞれ特徴があります。気になるペット保険があった場合には、まずは無料なのですべての資料を取り寄せて家族で相談しながら比較検討することが大切です。

特定の病気にかかっていると加入できない場合も…

若くて健康な犬の場合には、ほとんどすべてのペット保険に問題なく加入できます。

しかし、特定の病気をすでに患っていた場合には加入できない可能性もあるので注意が必要。加入時に健康診断が必要なペット保険もありますので、保険を検討する場合は若いうちからの方が安心です。

健康診断が不要な場合でも、虚偽申告をすると後々保険適応外になるなどのトラブルもありますので、加入時には愛犬の体調などは可能な限り正確に申告しましょうね!

ペット保険に加入できる年齢には注意

合わせて、ペット保険への加入や継続できる年齢を確認しておくことも大切です。高齢になるとさまざまな病気にかかりやすくなるもの。その頃には加入や継続ができる保険が限られてしまうかもしれません。

いざというときに使えない保険だと意味がありませんので、人と同じように終身継続ができるペット保険に加入しておくのも一つの考え方ですよ。

まずは資料請求から!

ペット保険に加入するメリットは治療費の負担を減らすことによって、動物病院に行きやすくなり病気やケガの「早期発見」「早期治療」につながることです。そのために、まずは保険選びの第一歩として資料請求からはじめましょう!

資料請求でおすすめなのはこちらの2社↓

ペット保険 資料請求
ペット保険に入るメリットはずばり「早期発見」詳細はこちら

ペット保険
ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】

 

片方でもいいですが、できれば両方から資料請求しておくのをおすすめします。ペット保険は各社からたくさんのプランが出てきていますので、愛犬の犬種や年齢、現在の体調からもっともベストだと納得できる保険選びが大切です。

ペット保険選びの際の注意事項もよく確認しながら、早めに愛犬の万が一に備えて検討を始めましょう!

〇〇ブログ管理人〇〇

すかポン(34)

愛犬コーギー(3歳♀)といっしょに家族4人で楽しく暮らしてます。犬のしつけトレーニングのために本も教材も買った量は数知れず。

ただの犬ノウハウコレクターですが、この知識が誰かの役に立てばと思いながら日々ブログ更新していきます。

ブログ村参加中です♪
ブログランキングにも参加中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です